カスピ海ヨーグルトで腸内改善!


こんばんは。ごん ひなた です。

みなさん朝食は、「和食派」それとも 「洋食派」ですか?

我が家は「洋食派」です。

というより、子どもの送り迎えなど含めバタバタしがちな朝は、どうしても手っ取り早い洋食にせざる終えない、というのが実情です。

そんな理由もあって朝食のメニューは、

  • バナナ
  • サラダ
  • 食パン
  • 紅茶
  • ヨーグルト

となるような場合が多いです。

手作りヨーグルトがオススメ!

という訳で、毎日ヨーグルトを食べている我が家では、ヨーグルトを手作りしています。

なかでも「カスピ海ヨーグルト」がオススメです。その理由は、とにかく作るのが簡単だから。

基本的には「牛乳に種菌をまぜて、常温(20~30℃)で1日程度放置するだけ」で出来上がります!ヨーグルトメーカーなどの専用器具も不要です。

また、作ったヨーグルトを植え継ぐことで「繰り返しヨーグルトが作れる」ところもポイントです。

ただし、どうしても植え継いでいくと種菌が弱っていってしまうらしく、2〜3ヶ月に一度は、種菌を新しくする必要があります。

種菌は普段「フジッコのカスピ海ヨーグルト」を使っているのですが、たまにはということで、種菌を「ヨーグルトの願い」という製品に変えてみました。

種菌「ヨーグルトの願い」の特徴は?

酸味がとても少なくて優しい」というのが、第一印象。

もともと、プレーンで食べることが多いので、余計にこの良さを感じました。

食感もとっても「もっちり」していて、クリームチーズを食べる食感に近い感じです。

ジャムなどを加えてアレンジすることもありますが、この特徴なら小さな子どもでも喜んで食べてくれそうな印象。

毎朝ドカン!スッキリ♪

この種菌、なんだか、凄いキャッチコピーで腸内改善を売りにしているようなので、ダイエット効果も期待しつつ食べ続けていきたいと思います!

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!