(読書感想)勝間式汚部屋脱出プログラム by 勝間和代さん


勝間和代さんの断捨離本

2週間で人生を取り戻す!勝間式 汚部屋脱出プログラム

escape-from-a-dirty-room

を読みました。先週末からちょっとずつ、寝室の断捨離を始めています。

本の中で特に印象に残った点、3点を紹介したいと思います。

1.まとめてやると、やった感が出る

今回、いちばん感じたことはこれ。

処理するものをためて、一気に処理する「バッチ処理」ではなくて、その都度細かく目の前の処理する「逐次処理」をしましょうと勝間さんは言っている。

例えば、お風呂の掃除でもちょっとカビが出てきたから、カビキラーでカビを一掃すると、

確かにお風呂が明るくなってピカピカ

したりするのだけど、本当はカビが発生する前にこまめに掃除して

いつもピカピカなお風呂

に入れることのほうがいいに決まってるんですよね。

2.使用していないものは、価値ゼロである

極論的なものの価値はつまるところはコレだなと納得

ものの価値は、「効用」(ユーティリティ: utility)と使用時間の長さで決まります。

 

効用というのは、そのものを使うと「楽しい」とか「嬉しい」とか、自分に取ってプラスに作用する効果があるかないかということのようです。

僕は買った家電とか、IT機器とかの箱を

「いつか、売るときがきたら役に立つかも」

なんていう気持ちのもと取っておいてしまうことが多いです。

ただ実際には、もう壊れてしまった、全然使ってない商品の箱が溢れていたり…。

その「いつか」がもう数年もきていないのであれば、まさしく「価値ゼロ」ですね・・・。

3.過去に買った高いものが捨てられない

テクノロジーの進化とともにいまは、価値がほとんどないデジカメ。

貯金をはたいたお金で買ったから捨てられない。

そんな「もの」一つや二つありませんか?

こういう初期にドカンとかけた費用のことを「サンクコスト(sunk cost)」って言うらしいです。

真の価値を見極めれば、サンクコストに縛られず、そのものが必要かどうかが判断できそうです。

まとめ

僕がいままで「もの」を捨てられなかった理由は、

価値あるものかどうかを判断する基準があいまいだったから

ということを本を読んで痛感しました。

断捨離を進めるための基準を与えてくれた勝間和代さんに感謝です。

ありがとうございました!

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!