「ラ・ラ・ランド」オリジナル・サウンドトラックCD(輸入盤)を購入してみた


先日観た映画「ラ・ラ・ランド」

自分にとってはいろいろと印象深い映画となりました。

映画「ラ・ラ・ランド」、鑑賞後のこのデジャ・ブな感情はいったい・・・
テラスモール湘南にある「109シネマズ湘南」で映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。前回「素晴らしきかな、人生」を見た際に、予告を見てなんだか、楽しそう!と思っ...

 

そんなこともあり、音楽も何度も聴きたいと思いオリジナル・サウンドトラックのCDを購入

ダウンロード購入が当たり前となってきている時代ですが、なんとなく

手元に置いておきたい

という気持ちがあって、今回はCDに。

日本仕様盤と輸入盤の違いは?

収録曲は、日本仕様盤、輸入盤も変わらず以下の「15曲

1. ANOTHER DAY OF SUN
2. SOMEONE IN THE CROWD
3. MIA & SEBASTIAN’S THEME
4. A LOVELY NIGHT
5. HERMAN’S HABIT
6. CITY OF STARS
7. PLANETARIUM
8. SUMMER MONTAGE / MADELINE
9. CITY OF STARS
10. START A FIRE
11. ENGAGEMENT PARTY
12. AUDITION (THE FOOLS WHO DREAM)
13. EPILOGUE
14. THE END
15. CITY OF STARS (HUMMING)

僕はAmazonで購入しましたが、

日本仕様盤は「2700円」、輸入盤は「約1900円

と輸入盤のほうが800円ほどお得です。(2017年4月現在)

いずれも Amazon.co.jp が販売していたので、安心感もありました。

でネット上で比較した限り、違いがみつけられたのはジャケット仕様

▼日本仕様盤は、映画館のポスターなどと同じ。

lalaland_ost_jp

▼輸入盤は、「春」プールパーティの後、夜景の見える丘の上でのミアとセバスチャンのダンスシーン。

lalaland_ost_en

個人的には、輸入盤ジャケット仕様のほうが

雰囲気があって好き

なのと

お得に買える

ということもあり、僕は輸入盤を買いました!

lalaland_ost02

どの曲も聴くだけで、映画のシーンが思い出されるすばらしい音楽ばかりです。

音符すら読めない自分ですが

「3. MIA & SEBASTIAN’S THEME」がピアノで弾けたらいいなぁ

妄想と思いながら、聴いています。

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!