音楽CDをiPhoneで聴くために僕がとっている方法


Apple MusicやLINE MUSICなどのストリーミング※での音楽再生が当たり前になってきている時代ですが、英語耳の学習ララランドのサントラと久しぶりに

音楽CDを iPhone で聴けるようにする

必要があったので、その方法を紹介したいとおもいます。

※ストリーミングとは、データをダウンロードしながら再生すること。YouTubeなどをイメージすると分かりやすいですね。

用意するもの

  1. iTunes(mp3、m4aなどの音楽データに変換できるソフトであれば何でもOK)
  2. Googleアカウント(@gmail.comのメールアドレスを持っていればOK)
  3. クラウド対応の音楽再生アプリ(のちほど、記事内で紹介します)

今回やることのイメージを図にしてみました。

音楽CD取り込み

なぜこの方法をとるの?

結論から言ってしまうと

クラウドで音楽データを一元管理をできるから

です。コレ何がうれしいかというと、例えば

  • iPhone上に音楽データを保持しないのでストレージ消費を抑えられる
  • 機種変更の際に音楽データを移行する必要がない(たとえiPhone からAndroid への変更であっても)
  • タブレットなどの他の機器からも、同じ音楽を簡単に再生できる

などです。

では、方法を紹介していきたいと思います。

Step1 音楽CDの取り込み

iTunesを立ち上げて、CDを挿入します。

一般的なCDであれば、曲名まで自動で認識してくれるので「インポート」をクリックして、全曲が取り込み状況が「グリーン」になるまで待ちます。

iTunes

Step2 クラウド(Googleドライブ)へのアップロード

Gmailにログイン後、画面右上の電卓のようなマークをクリックし「ドライブ」をクリックします。

Googleドライブ

Step1で取り込んだ音楽データが、

ライブラリ → ミュージック → iTunes → iTunes Media → Music → [アーティスト名]

のフォルダにあるので

Step2の始めに開いたGoogleドライブの画面に

フォルダをドラッグ&ドロップします。

Googleドライブ04

自動でアップロードが始まるので完了するまで待ちます。完了すると画面右下に下記のような表示がされます。

Googleドライブ03

Step3 クラウド対応の音楽再生アプリで聴く

僕が使用しているのは「CloudBeats」というアプリです。

無償のLite版と有償版(600円)があります。

CloudBeats Lite: 音楽プレーヤー DropboxとOnedriveを App Store で
「CloudBeats Lite: 音楽プレーヤー DropboxとOnedrive」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。CloudBeats Lite: ...

 

僕は有償版を使っていますが、ここでは無償版で説明します。

このアプリの使い勝手を確認するには、無償版で十分です。

▼アプリを初めて起動すると以下のような画面が表示されるので「Google Drive」をタップします。

CloudBeats01

▼Googleアカウント情報の入力が求められるので、画面に従って入力します。

まずは IDを入力

CloudBeats02

↓ つづけて パスワードを入力

CloudBeats03

↓ 許可をタップ

CloudBeats04

▼問題なく認証されるとStep2でアップロードした音楽データが表示されます。

CloudBeats05

▼あとはフォルダ内の再生したい曲をタップするだけです。

頻繁に再生する曲は、ストリーミング再生ではなく、iPhoneにダウンロードしておくことも可能です。

CloudBeats06

英語学習などの場合に便利な「1曲のみリピート」や「再生速度の変更」などにも対応しています。

CloudBeats07

注意点はないの?

慣れてしまえば、iTunesから直接iPhoneへ音楽データを同期するよりも「かんたん」なこの手順ですが、1点だけ注意点(デメリット)があります。

ストリーミング再生しているがゆえに

  • 電波の届かないところでは再生ができない
  • 再生のたびに通信パケット消費する

という点です。※自宅などで Wi-Fi(無線LAN)を利用してる時には、気にする必要はありません。

スマホの料金プランでよく出てくる GB(ギガバイト) という単位ですが、

1GB(ギガバイト)= 1000MB(メガバイト)

です。音楽データは、曲の長さなどに依存しますが

1曲あたり数MB(メガバイト)

であることが一般的です。仮に1曲あたり5MBとすると、200回の再生で1GB(ギガバイト)消費する計算になります。

なので、紹介した方法を利用する場合には、「自分が契約している料金プラン」や「曲の再生頻度」に応じて、

あらかじめダウンロードする楽曲を決める

など注意をしていただければと思います。

 

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!