「慎重さ」が強みの僕が、琴市しづかさんの「ストレングスファインダー」ワークショップに参加した話


おはようございます、ごん ひなたです。

2017年6月25日(日)、琴市しづかさんの主催する

「ストレングスファインダー・強みを知るワークショップ」

に参加してきました。

場所は、港区にある「生涯学習センター」

緑色の黒板、教室の床の木といい

なんか懐かしい学びの場

だなとひとり感慨にふけながら、その場に臨みました。

StrengthFinder03

これまでの自分であれば、ワークショップだとか、セミナーだとかに対して、いろいろな「恐怖」だけを抱き

変な壺でも売りつけられたらどうしよう

みたいなことばかり考えていました。

そんな気持ちとは裏腹に、ワークショップは、参加していたみなさんの笑顔溢れる場で本当楽しい「学び」の時間となりました。

ワークショップは、各自のトップ5の強みの中から「共通の強み」を持った2〜4人のグループに分かれ

  • 好きなこと&得意なこと
  • ストレス&NGワード
  • 強みを発揮する環境

についてお菓子を食べながらディスカションし、グループごとにその結果を発表し合うという形式で行われました。

上位5つの「強み」

僕の場合、2009年5月、ちょうど8年ほど前に勝間和代さんが薦めていた書籍をきっかけに自分のストレングスファインダーを確認していました。

StrengthFinder02

▼その結果がコレです。

  1. 慎重さ → 実行力
  2. 運命思考 → 人間関係構築力
  3. 共感力 → 人間関係構築力
  4. 内省 → 戦略的思考力
  5. 着想 → 戦略的思考力

自分でも納得の結果、今でこそブログで自分の思うことを書いていたりしますが、基本的には
内向的な要素が強く、なかなか行動に移すことができない面がよく表れていると思います。

当日のことを全体でまとめてみようと思いましたが、何だか難しい感じがしてきたので

「慎重さ」の強みが第1位である自分が、どんなことを考えていたか

を中心に書きたいと思います。

その他の強みや個性の影響もあるので、

一概に言えることでは無い

とは思いますが、似た強みを持った人、もしくは、僕が持っている強みが下位にある方に参考になれば幸いです。

「慎重さ」グループ

当日、僕が参加させてもらったのは「慎重さ」を強みにもつグループです。

▼象徴的な話として挙がったのは、次の3つです。

取らぬ狸の皮算用が好き

起こる可能性があるならば、そのシチュエーションをたくさん想像して計画を組み立てる。

そうすることで、物事の判断材料を増やし、自分に対して安心感を与える。そんな心理に基づく行動なんだと思います。

ヨイショが苦手(思ってないことは口に出せない)

結果が想像できない、目的が見えないこと

は、慎重さをもつ人間には「恐怖」にも似た感覚があるため行動に移すことができません…。自分で書きながら妙に納得。

この強みを持った人に言われた言葉は、言い方が緊張していようが、サラリと言われようが

本心を伝えている

ことが多いと思うので、その言葉通りに受け取ってもらうのが1番だと思います。

初対面の人がたくさんいるパーティとかが苦手(目的が見えない自己開示ができない)

個人的には「慎重さ」グループで意見が一致して、

1番嬉しかったこと

だったりします。

もちろん「慎重さ」だけによるものだと認識している訳ではなく、コミュニケーションなど他の能力が影響していることも理解しています。

ただ、こう同じ「慎重さ」をもったみなさんが

似た感覚を持っていること

が、ただただ素直に嬉しかった~。

まとめ(ふりかえり)

これだけ変化の早い世の中で生活していると、「慎重さ」の強みを持ち合わせた人は、ついつい

「すぐに行動に移せないのはダメ」

だとか

「引っ込み思案な自分はダメ」

だとか、そんなちょっと後ろ向きな発想をしがちかもしれません。(僕はそんな発想をしがちです。)

でも、それも

ストレングスファインダーに依る1つの影響である

という視点を持つことができれば、それだけで一つの安心材料となります。

また、その「慎重さ」も内向きではなく、外向きにうまく発揮することができれば

「バラバラな意見の中に共通する思いを慎重に読み取ることができる」

だとか

「暴走しそうな○○をうまく制御することができる」

なんていうプラス視点で捉えたりすることができるようになります。

よく、「何事も気の持ちようだ」みたいな話があったりしますが、でもそれって、どういう手段や手法、考え方があるっていうことを知識として身に付けた上で、できる芸当だと思います。

今回、そういった発想にいたるヒントを与えて頂いた琴市しづかさん、参加者のみなさま、たくさんの「学び」をいただき、本当にありがとうございました!

▼主催の琴市しづかさんのブログはコチラです。

 

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!