「スタンフォードの自分を変える教室」第2章 学習編


「スタンフォードの自分を変える教室」を読書中です。

第2章 意志力の本能 を読みました。

科学の発展によって、自己コントロールは心理学のみならず生理学にも関わる問題であることがわかってきました。 ~第2章より~

 

意志力は、心だけでなく体も密接に関わってくるというお話です。

意志力の本能がはたらくとき

想像してみてください。

あなたはいま、ダイエット中です。

それなのに、なぜか目の前には季節のフルーツに彩られた、生クリームたっぷりのパフェが用意されています。

おまけに、最高級カカオ豆の香りひきたつ、ホットチョコレートまで添えられて・・・

さて、この時、ダイエットという目標を達成するために、目の前の誘惑(脅威)に打ち勝つことはできるでしょうか。

衝動に駆られて生クリームを一口でもペロリとしたら、もう最後。

どうにも止まらないのは、想像に難くないですよね。

では、このとき意志力の本能は、こんな場面で何をするかというと・・・

「まず落ち着くのだ!」

と命令を出します。

その結果、体には “心拍数の低下” という形で変化があらわれます。 

これが、意志力の本能が起こす「休止・計画反応」と呼ばれるものだそうです。

落ち着こうとして、深呼吸した場合を想像すると分かりやすいですよね。

意志力の保有量が測定できる?

私達の心臓は、今こうして、文章を読んでいるときにもドックン、ドックンと鼓動を続け、心拍を刻んでいます。

運動して、このドックン、ドックンが、ドクン、ドクン、ドクンと速くなって心拍数が上がった経験、誰しもありますよね?

で、このドックン、ドックンと鼓動する心拍の間隔というのは、普通に生活しているだけでも周期的に変動しているのが、正常なんだそうです。

この変動のことを「心拍変動」といいます。

先ほどの実験でみてきたように、目の前の誘惑(脅威)に打ち勝つために、少しでも落ち着こうとすることができれば、心拍の変動が大きくなることが発見されました。

そこで、科学の世界では、

「心拍変動」 = 「意志力の保有量」

と呼んでいるのだそうです。

ドラクエ風に言えば

最大Will Point 、略して最大WP

が、人それぞれあるということですね。

※これは個人的な造語です。こういうことすると、学問の先生方に怒られそうですが、まぁ個人のブログなのでご容赦くださいmm

最大WP(意志力の保有量)を上げるには?

ドラクエで最大HP(ヒットポイント)を上げるには、

  • モンスターを倒してレベルを上げる
  • 命の木の実を食べる

といった方法があります。

同様に 最大WP(意志力の保有量)も上げる手段があります。

1つは、この前の記事で紹介した「瞑想」を行うことだそうです。

他にも以下の5つが、最大WP(意志力の保有量)を上げる手段として紹介されています。

  • 「エクササイズを行なう」

  • 「睡眠をたっぷりとる」

  • 「体によい食事をする」

  • 「友人や家族とかけがえのない時間をすごす」

  • 「信仰やスピリチュアル関係の集まりに参加する」

今週もこの中から1つ選んで、試してみたいと思います。

更新することに意義がある!

Momentum2-16

ごん ひなた
小学生の娘、幼児の息子との子育て奮闘中。

残業続きの毎日を何とかこなしてきたが、体力の衰えや気持ちの面で「このままの生活を20年以上定年を迎えるまで続けるのは無理」と感じている、IT企業に勤める30代後半サラリーマン。

書籍「ワークシフト」、「ライフシフト」に影響を受け、「21世紀型の働き方、生き方」を模索し、「心から楽しいと思える人生を実現したい」と夢見るようになった。

2017年2月にブログ “Escape To Shift” を開設。ブログを通じて日々の気づきを綴り、少しずつ行動を変え、現状をシフトするための脱却を目指します!